日本脊椎脊髄病学会公式オンライン英文誌『Spine Surgery and Related Research(SSRR)』がJ-Stageに収載されました

日本脊椎脊髄病学会会員各位

拝啓

新春の候、会員の先生方におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

日本脊椎脊髄病学会の公式英文雑誌であるSpine Surgery and Related Research(SSRR)は、平成29年1月の創刊から無事に1年を迎えました。これも偏に先生方の多大なるご支援とご理解、ご協力の賜物と編集委員一同、深謝申し上げております。今後も本邦からの最先端脊椎脊髄研究の発信の場としてSSRRをより発展させていくべく、編集部一同精進して参ります。

さてこのたび、SSRRが国内公式データベースであるJ-stageに収載されましたのでお知らせします。

https://www.jstage.jst.go.jp/browse/ssrr/-char/en

昨年1月に発刊の第1巻1号から最新号の第4号まで、全4巻全ての論文が掲載されております(平成30年1月5日現在)。

J-stage収載のメリット:

1) Google scholar上での検索が可能に:実現済み
これにより今後の検索ヒット数増加とそれによる引用機会の増加が期待されます(PubMed収載は2019年予定)。

2)早期公開(正式publish前の採択論文の原稿をホームページ上に早期掲載):準備中
正式発行前から印刷中論文(in press)として一般公開することで、引用の機会が増加します。

ImpactFactor獲得のための審査はいよいよ年明けから開始され、2年間の実績で査定されます。
つきましては、今後投稿論文の御執筆にあたり積極的にSSRR掲載論文の引用のほど、よろしくお願いいたします。
特に他誌に引用されることも非常に重要なファクターとなりますのでSSRRのみならず他誌への投稿論文へのご引用も是非積極的にご検討ください。
またSSRRへのご投稿も引き続き何卒よろしくお願い申し上げます。

末筆になりましたが会員の先生方の益々のご健勝とご活躍のほど、お祈り申し上げます。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

敬具

日本脊椎脊髄病学会理事長
田口敏彦
SSRR Editor-in-Chief
高橋和久
SSRR Deputy Editor-in-Chief
折田純久

▲TOPへ